不動産の買取

不動産売買業者に不動産を売却する際のポイントについて紹介したいと思います。土地や家など不動産の売却をするには不動産会社は売買の仲介をするということで売地や売家の広告を出してもらうということをするかと思いますが、最近では、不動産売買業者に買取をしてもらう方法もあります。

 

このケースでは不動産の査定額は、査定をする会社によって買取価格も違ってきますので、その不動産会社で買取価格の見積もり査定についてしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。ここでのポイントは、この金額は業者により差があるのであまりに自分の希望通りでない場合には比較をするために他の不動産売買業者にも聞いてみることです。最初から、複数の会社に対して不動産の買取価格の査定を依頼するということをおすすめしたいと思います。その他にも、例えば、場合によって不動産広告を出して、なかなか購入者が居ない場合には不動産会社が買取をしますよと提案するというといった場合もあるようです。

 

この場合、注意すべきなのは、仲介だけをして手数料をもらうよりも、転売をした方が利幅が大きいために、ほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、なかなか買い手がつかなかったとして自分たちで買い取ることに話を持って行って、売れないからと安く買いたたいて転売して大きな利幅を出そうとする悪いうわさもあったりしますので、一社だけに聞いて不動産を売却するのは危険です。